読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偶然がいつもまた運命

現場備忘録、その他諸々。

ガムシャラサマーステーション

 
終わってから1ヶ月以上が経ってしまいました。記事を書こう書こう思いつつも何を書けばいいのか、何を記録として残しておけばいいのかいまいち分からなくてついに今になってしまいました。
 
顕嵐くんがEXの舞台に立って過ごす初めての夏。顕嵐くんにとっても、顕嵐担としても沢山沢山いろんなことを感じ、変化ができた夏。
 
チーム覇というかけがえのない仲間とともに、担当同士の交流も少し濃くなったりしたりしてジュニアたちも、そして、担当である私たちもともに成長できた夏でした。
 
番組内で事前にチーム分けが発表され、あらんくんがチーム覇だとわかったとき、そして、チームメイトを見た時に感じたのは何も起こらなそうな平和なグループだなということでした。
 
安井くんが最年長で、そこにあらちかとはしみず。しかも年齢差あるし先輩後輩関係も複雑だし、みんなある意味気を遣えるいい子だから夏のEXらしいバチバチした感じにはほど遠いグループだし、みんな打ち解けて仲良くなる未来なんてはっきり言って想像できなかった。
 
そう、何を隠そう、私ははじめてチーム覇を見たときに思ったのは『撮れ高なさそうなチーム』だなということだった。絶対番組内で流れるメイキング的な舞台裏映像少ないぞ、これ…と覚悟した瞬間だった。
 
しかしその私の予想はいい方に裏切られた。実際本番前の密着映像が流れたのはチーム覇が一番多かったように感じた。そしてみんながほんとに仲良くなったし、このチームを心から応援したい、なんとしてでも勝たせてあげたい、このチームでいる様子をもっともっと長期間見たいと思えるようにいつしかなっていた。
だから自分がEXでチーム覇をこんなに懸命に応援するなんて思ってなかったし、結果発表がなにより怖かったし、自担と一緒にこんなに一喜一憂する夏になるとは思っていなかった。
 
久しぶりに学生時代の部活の夏のコンクールの時のような充実した夏だった。
結果、EXでチーム覇は勝ち進めず敗退してしまい、案の情、EXで大泣きすることとなったが今ではそれもいい思い出である。
 
何より自担をこんなに近く感じ、寄り添う形で応援したことなんてなかったから、私としてもあらんくんを見るときの見方、とらえ方が変わったし、あらんくんもチーム覇でもまれることで沢山今まで見られなかった姿を見せてくれたし、ますます成長してくれたし、ほんと私にとってもあらんくんにとってもなくてはならない特別な夏になりました。
 
ほんとサマステ最高でした。
 
俺たちが夏の覇者!!!!だし、チーム覇!!最高!!!!