偶然がいつもまた運命

現場備忘録、その他諸々。

クリエが終わってから考えたこと。

 
クリエの見たままのこんな感じだったよ、こう見えたよなんていう感想は今までの記事で書いたのですが前回の3月のガムパから今回のクリエにかけてあらんくんのいる現場に何回か足を運んでみて単純に思ったこと、考えたこと、感じたことを自分なりに今記録しておきたいなと思い今回はこの記事を書くことにしました。
 
まずはほんとガムパのときも書いたけどあらん担に降りてよかったってこと。
今までの自担には感じたことのない感情を感じて掛け持ちなんかしていられないほど気持ちが傾いてしまって結局あらんくん一人だけにしぼったわけだけどその決断はたぶんわたし的に正解だったなってつくづく感じる2ヶ月でした。今までこんなに現場に足を運んだことなかったしこんなに日々の成長、改善を目の当たりにしたことはなかった。本人たちがコンサートをよりよくするために毎公演反省して工夫して改善してることがヒシヒシと感じられたし、すごく小さい箱でのコンサートだけれどすごくすごくパワフルな現場だった。そしてその現場にあらんくんがいること、そのステージにあらんくんが立っていることが嬉しくもありとても誇らしかった。そしてそれをこの目で見届けられることが何よりも嬉しくて。今まで私が回数を重ねてきた現場とは違う現場に圧倒されつつもすごく楽しいです。
 
今年は行ける現場にはできる限り足を運ぶことにしています。それは来年からはいつ現場に行けるのかわからない状況だから。だから今年は毎度毎度これが最後これが見納めと思いながら現場に足を運んでいます。そして何よりも今年はかなり幸運に恵まれて少クラ、ガムパ、クリエとかなりあらんくんに会うことが出来ています。
 
今まで掛け持ちであらんくんより力を入れて応援していた人は年に数えるほどしか会えなかったし、全く会えない年なんてのもありました。現場もキャパがかなり大きかったから年に1度会えたとしても豆粒くらいにしか見えなかったりした。
 
そういう現場に長年慣れてきたわたしは、いま、ジュニア現場での本人たちとの近さにまだ慣れないで戸惑っています笑
毎度毎度かなり緊張するし、何より近すぎて固まってしまう。周りの人が近くにきた自担に必死にアピールしてるのを見てすごいなあと思いながら自分は固まっています←
わたしはただ見れたらそれで幸せ、満足というヲタ活をしてきたし、今もその考えは変わっていない。
だからめちゃくちゃ自担が近くにきても笑って手を振ったり、ハイタッチコーナーだったらただ手を出し構えることくらいしかわたしはできない。ファンサというものを自担に求めたことがない。してもらえたらもっと幸せになれるのだろうかと思うこともあるけどわたしは今の幸せで十分満足しているからこれ以上は求めていない。しかし、周りを見ると皆必死にアピールしているからアピールした方がいいのかなとも思ったりしてます笑  自担がいるのにアピールしないって冷めて見えちゃうのかなとか。笑
今後機会があったら挑戦してみようかなと思ったけとたぶん無理な気がするので多分しません。
 
話がだいぶそれましたが、あらんくんを何回も見させていただいて、やっぱり期待しか感じませんでした。これがわたし達のあべあらんだよ!っていろんな人に発信したくなるような。
だからこれからも胸張ってあらん担全うしていこうと思います!!!
 
 
 
 
 
 
 
 

ジャニーズ銀座2015D公演②


前回のジャニーズ銀座の記事で後半は多分入ることできないので私のクリエは前半戦で終わりだというような文を書いて終わりましたが、実際あの記事を書いたときはチケット持っていなかったし予定も空いていなかったのですが、5/16の昼だけ時間が空いたのでダメ元で当日券に並んだら、驚くことに当選してしまい、入れないと思っていた後半戦、入ることができました。

まさか今回のクリエに2回も当日券で入れると思っていなかったのでほんと驚きました。自分の運の強さに少し怯えています笑 あらんくんに会わせてくれた神様ありがとうございます( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )

前回5/6昼に当日券で入ったときは最後列の補助席だったのですが今回5/16昼の当日券は6列センター下手寄りのチケットで…。まさかこんなに前の方で見られると思っていなかったのでチケットを手にしてからしばらく震えが止まらなかったです。

というわけで黒髪有翔様を拝むことができ、前半戦からさらに改善された公演を見ることができて…すごくすごく嬉しかったです。

何から話していいかほんとわからないしこの間の記事でだいぶ書いてしまっているから…今回は有翔様と後半戦で変わったなあと思う所をちょいちょい書きますね。

まず変わったなあと思ったのはあらんくんがすごく一生懸命踊るようになったこと。
とくにキセキLoveless。キセキはほんと踊りが揃うようになっていて感動したんだけど…あらんくん最後踊りの出だし4小節間違えまして笑
振りしないところで振りするっていう笑
あと振りあるところ振り忘れてたり…笑
前半戦では振りあるところも踊ってなかったりしてたから踊ろうとしていただけいいのかもしれないし、振りもちゃんと大きく踊ってたからキセキは見ててすごく良くなってて泣きそうになっていたらあらんくん振り間違えるから笑ってしまいました笑 でもすごくすごく良くなっててキセキはほんと感動しました。

そしてLoveless
あらんくんちゃんと踊れるじゃん!!
踊るところちゃんと踊るし、歌うところはめちゃくちゃ感情込めて歌ってて閑也とちゃんと揃いつつそれぞれの個性があって感動しました。このLovelessが見たかったんだよ!ありがとう、あらんくん。

そして何より嬉しかったのかReal Dxあらんくん私がガムパ、クリエで見た公演のなかで一番ガシガシ踊ってた…(;▽;)
今回後半戦見ててあらんくんの汗のかき方が前半戦と全然違くて…。MC前の前半曲からすごくすごく一生懸命踊るようになっていて。
力を体力を温存するのも必要だけどそれがお客さんにバレてしまうような手を抜いているなと感じさせるようなパフォーマンスではまだまだなんだよなあと前半戦のときに思っていたのですがあらんくん体力の温存できているかは少し心配でしたがお客さんになるべく手を抜いていると感じさせないパフォーマンスになっていてすごく感動しました。
あらんくんがあんなに汗をかいて踊っているの前半戦では見れなかったから。
黒髪になったから汗かいたときの色気、少年感がたまらないんだよね。

ほんと見たかったあらんくんがたくさん見れた。

そしてそろそろかな。笑
黒髪有翔様のお話をしなければ。
わたし、何を隠しても仕方ないので正直にいうとSHARKあまり好きじゃなくて…ドラマはリアタイしてなかったし、放送終わったあとSHARKは1回見たけどあらんくんが出てなかったら多分見てないなと思うくらいには苦手なドラマで…。で有翔様もね…あんまり好きじゃないの。最終回近辺になってだんだん有翔様もただただチャラい奴じゃないって分かってからは多少マシなんだけどね…なんかね~何でだかわからないけどあんまり有翔様好きじゃなくて(´×ω×`)
あ、あらんくんが役として演じてる有翔様って捉えたらかわいいなあって思うし演技の幅広がってきてるなあって思うけどね、主観としてあらんって概念取り払ったときに有翔様好きじゃないんだよね…残念ながら。
ま、そんなわけで私はNO WAY OUTにそんなに思い入れもないし、そんなに期待もしていなかったわけで…。

Love so終わって流れた前奏がCareじゃないっていうのが、いや、ちゃんと入る前にセトリ見てたし分かってたはずなのにすごくショックなのと寂しいのとで複雑な感情になっていたのですが、いざあらんくんが歌い出した瞬間、泣きそうになりました。
なにこれ…わたし好きな曲…!!
ってのがその時の私の心境。
テレビを通してドラマを通してだと分からなかったものがあったし、1年たってあらんくんの歌がめちゃくちゃ上手くなったからこそ感じられた感情だったのかもしれない。
初めて歌詞がちゃんと身に染みてきた。
ドラマ内で有翔として歌っていたときも歌詞に感動して泣きそうになった記憶はあるんですが、そのときよりもいま、あらんくんがこのクリエの舞台でNO WAY OUTを歌っているという光景に歌詞が重なるとすごく泣けてしまって。
しかも有翔様キャラな発言してるのに見た目は黒髪天使あらん…可愛すぎるだろ。
なんかいろいろ感情が複雑すぎて死にそうでした。NO WAY OUTが期待していた以上によい曲でよいパフォーマンスで…。ガムパでは歌わず、クリエ前半でも歌わず、クリエ後半まで温めて温めてきたNO WAY OUT。1年であらんくん凄まじく成長したね。あらんくんかなり練習したんだろうし自信持って届けられるってとこまで敷き詰めたんだろうなって。めちゃくちゃよかった。ぜひあのNO WAY OUTは去年SHARK2を見てくれていた人たちみんなに見て欲しい。
わたし達のあべあらんこんなにおおきくなりました。っていうね…。そして何よりクリエの舞台でジュニアという立場で先輩の曲ではなく自分が出演したドラマのオリジナル曲を歌わせてもらえたこと。間違えなくNO WAY OUTは有翔を演じたあらんくんのあらんくんのための曲で。あらんくんしか歌えないわけで。(あらんくん以外がもし舞台で歌っていたらカオスでしかない)
だからあらんくんがNO WAY OUTをクリエで堂々と歌ってドラマの役になりきって歌っていた姿を見れてすごくすごく嬉しかった。あらんくんありがとう。




で、最後にGet Upについて。
あらんくんアンコールでGet Upのとき黒いジャケット脱いで白シャツだったんですよね。他4人がジャケット着てるからあらんだけ目立つ目立つ笑
しかもサングラス取るところで取るふりだけして取らないでニヤニヤしながらそのままサビまでサングラスかけたままで踊ってるし笑 あらんくんふざけすぎ!笑 でもめちゃくちゃ楽しそうでしたわ、あらんくん。いつもGet Upはイキイキしていたけどいつも以上だった。ほんとに好きなんだね、Get Up。
で今回から加わったダブルアンコールのスキすぎて
スキすぎては踊れるからAメロから踊ってたらあらんも踊っててでも途中からコール始まってみんな踊らなくて…笑
ま、あらんくんはずっと踊ってましたけどね、スキすぎて。
可愛かった。スキすぎて、途中から健人の高速回転真似してたし。
ほんとはぶつかっちゃうよ見たかったとか言えないくらい可愛かった。



まあざっとこんな感じで。
立ち位置も少し変わっていたけどうん。いいかな。特記すべき大きな変更はないし、後半は取材日あったからお写真とか諸々出てくるしね。


あらんくんNO WAY OUTで振り切れるからか前半3公演より後半の方がテンションが高いなあと感じました。単にクリエの感覚掴んで慣れただけかもしれないけれど日に日にMCでふざけたり…できるようになってて。
うん。あらんくんこの7公演ですごく成長したと思う。最後は見届けることは出来なかったけど、ほんと5人だけで7公演無事に成し遂げられたこと、すごいなあと思うし誇らしいです。
お疲れさまでした。
そしてどの公演も1秒たりとも飽きる瞬間なんてなくて、毎回毎回ほんとに楽しかったし、この幸せな時間がいつまでも続けばいいのにって思いました。
楽しい幸せな時間を空間を、ありがとうございました。

また近々トラジュちゃん、トラジャ、みんなそろう現場に行きたいなあ。




いきものがかりのみなさんこんにつあー2015

 

最近ジャニーズのお話ばかりでしたが、現場備忘録なので長年現場に行き続けているいきものがかりさんについて書いておこうと思います。

毎年いけるときはツアーは必ず会場違いで2公演入ることにしています。そんなわけで今年は幕張メッセと日本武道館公演に入らせていただきました。

いきものがかりさんはかれこれ8年くらい応援していてコンサートもかなりの回数行かせてもらっていて。

今回のツアーはツアーでは初の試みのセンターステージ構成で。すごく距離が近く感じる舞台構成です。

いきものがかりは歌で真っ向から勝負してきてくれるコンサートスタイルだと勝手に思っているのですが毎度毎度照明や映像の演出がかなり細部までこだわっている演出なんですよね。最新の照明技術だったりプロジェクションマッピングだったりその時々であっと驚くような最新のものをぬるっと導入していて、そして歌、曲がその演出によってさらに私たち聞き手の心に響いてくる。寄り添ってくれる。

ジャニーズとかアイドルのコンサートみたいに動き回ったり踊ったりするわけじゃないけど画がすごくきれいなステージを構成してくれる、毎度楽しませて感動させてくれる、それこそがいきものがかりのコンサート。

今回は情熱のスペクトラムの演出、Golden Girlの始まり方がすごく好き。あとマイステージも。

それぞれの曲の色、顔っていうのかな…。そんな感じに視覚的に曲をとらえられる演出。マイステージはただ真っ黒の画面に白い文字で歌詞が出ているだけなんだけどそのモニターがあることでただ聞いているだけよりも深く歌詞が心にしみわたってくる。

初日はほんとに感動しすぎて泣きすぎて何が何だかわからないくらい泣いた(笑)

 

日本武道館は実はクリエの直後はしごして入ってきたんですけど、ほんとなんだろ、同じ”コンサート”ってものなのに異次元過ぎて。クリエとかジャニーズのコンサートって基本的には人に注目していてその次に演出、その次に歌って優先順位で身体の中に摂取されるんだけどいきもののコンサートはなんか目からも耳からも会場全体の空気、五感で得られるすべての感覚を駆使して音楽・曲を摂取する感じがする。

 

すごく自分が洗練される気がする。すごい集中力で聞き入ってしまう。3時間終わった後すごくぐったりする。もちろんただ聞いてる聞き入る曲ばかりじゃなく盛り上がって一緒に踊ったり飛んだりタオル振り回したり物理的に体力も消耗してるんだけどそれ以上の疲労感と爽快感が得られる。

 

たぶんいきものがかりはこれから自分が何歳になってもコンサートがあって予定が合えば1公演は入りたいなって思うし入り続けると思います。

中学生から今まで何かあった時私の心の支えになっていたのはいきものがかりの曲で。ほんといきものがかりの曲に出会っていなかったら私は道を踏み外してもっともっと暗闇の人生を生きたかもしれない。ジャニーズを好きになってジャニーズの現場に足を運んでヲタ友さんたちとこんなに楽しく仲良くなれるほど明るく前向きに毎日を送れるようになれた支えは間違いなくいきものがかりの楽曲だった。あのタイミングでいきものがかりプラネタリウムという楽曲に出会っていなかったら私は今どうなっていたかな。

 

いきものがかりは本当私にとっては生きる希望を与えてくれた恩人でもあって大切な大好きなアーティストさんで、そんないきものがかりのコンサートは私が原点に立ち帰れる、また前向きに一歩踏み出す勇気をくれるそんな大切な場所です。昔はキャパの小さいホールでやっていたツアーがいまではアリーナ級のキャパの大きな会場でやるようになって。場所が変わり知名度が変わりコンサートもいろいろ変わってきてはいるけど私の大好きないきものがかりはずっとそこにあり続けてくれていて、その存在こそが暖かくて私のお気に入りです。

 

なんかなにが書きたいのかわからなくなってきたけどジャニーズとは全く異次元の好きってベクトルで応援しています。

 

いきものがかり大好きです。今回も素敵なコンサートをありがとう。

 

 

ジャニーズ銀座2015D公演


お久しぶりです。
現場に行かない限り更新しないのでなかなか更新率が上がらないブログです笑
今回はクリエです。クリエは掛け持ち期間は申し訳なくて手を出せていない領域だったので今回は初めてクリエに行かせていただきました。
去年まではTwitterで当日券情報を見て行きたいなあと思っていただけのもどかしさもあったので今回は入れることが決まった段階でとても嬉しくて。
今回は良いご縁と運が味方をしてくれて前半3公演に入ることができました。
もうガムパロスをひどくこじらせたクリエロスにかかっています。まず第一の感想はトラジュちゃんたち可愛すぎる。なんかこんなにかわいいと思った子たち初めてかもしれない…。初日から3公演見させていただいて初日の危なっかしさは半端ない。笑
なぜかあらんが宮近のマイクと自分のマイクを2本持って踊ってたり。あらんくんヘッドセット外すの忘れたままハンドマイクとダブルマイクしてたり。あらんくん振り結構間違えていたり、うみくん歌詞覚えてなかったり。
あらんくんはかなり緊張していたのかな?MCのときやけに話すスピード遅かったり、あんまりガシガシ踊っていなかったり。
でも初日からすごくすごく楽しかったです。客も向こうもお互い探りあってる感じはあったけどそのまだまだこれからが期待できる感じ、お客さんも本人たちもこの公演をより良いものにしようと頑張って歩み寄ろうとしてる感じがすごく良くて。
でもなんと言っても2日目ですね。
初日からかなり軌道修正してきていて立ち位置も多少変わってて初日よりまんべんなく上手にも下手にもいるようになったかな。あらんくんは。あとは初日にはなかったweeeekとリアデラを増やしたこと。weeeekのあらんくんぴょんぴょんしててめちゃくちゃかわいいですよ(;▽;)そして、ガムパから引き続きで前奏から高まるリアデラですよね。2日目昼の不意打ちのリアデラはほんとに会場沸きすぎで。わたしも叫びながら涙目でしたが笑 掛け声もすごく大きくてリアデラはほんと最後の方だから会場のボルテージやばくて。最後のハードなナンバー続きの最後によくリアデラ入れたなあと。体力的に辛そうなのに笑
あとガムパの時から思ってたけどあらんくんリアデラ苦手だよね?なんか踊りにくそうというか、のりにくそうな踊り方に見える笑 でもかわいいから…!笑 (もう少しブンブン身体使って踊って欲しいけどね。)1番!2番!3番!クリエ!の2番!をずっと顕嵐!って言い続けてるあらんくんかわいいから(;▽;)

とりあえずここまで止めどなく出てくる感想を思うままに書いてみました。

もっと具体的なことを書きたいのですが1曲ずつじっくり書いて行くと激重になるので順不同でわたしの好きなあらんくんポイント書いていきます。

まずはこの曲。
「明日へのYELL」
この曲は最初しずやと朝日が前でAメロ前半を歌ってる時の後ろで踊ってるあらん、うみくん、みやちかが可愛すぎる(;▽;)立て膝しながらお互い顔を見合わせて最後は手つないで立ち上がりウェーブっていうめっちゃ可愛い振り付け。しかも左からあらん、うみくん、みやちかとあらちかの間に挟まれるうみくんの可愛さたるや。そしてAメロ後半を前に出てきて歌うわけだけどそこのあらんくんめっちゃ可愛いの。「走ることを諦めてる〜」の部分でその場駆け足してるの!3公演全部してた(´×ω×`)そこのあらんくんのめっちゃ楽しそうな表情!見てるこっちも頬緩むわ笑 ほっこり。 あとこの曲の始めと終わりの「おーおおーおおー」の部分、あの部分は本家と同じ振り付けなんだけどそこのあらんくんのひょこひょこ感がめちゃくちゃかわいい。そこだけヘビロテしたいレベルにはかわいい。とりあえず可愛いあらんくん溢れてる曲です。

次に外せない曲はこの曲。
「Moonlight」
しずや、あらん、うみくんの3人でやってる曲です。
しずやがステージセンターに登場してあらんが下手、うみくんが上手の台に登場します。Moonlight、しずやがダントツでかっこいいんだけどその話は多分しずや担さんが語っているだろうから省略。実はこの曲でピンポイントでわたしの大好きなあらんポイントがありまして。サビ前の「想いだけを焦がしてる~」の部分のあらんくん。両手を頭に当てて首ぐるんって回す振り付けなんだけどそこのあらんくん最強です。ガムパのアイノビの首回す振り付け並、いやそれ以上に好きです。もう初日にそこのあらんくん見た時に膝から力抜けました…。無理、骨抜きにされる…。あらんくんかっこよすぎる。

お次はこの曲。
「ス・リ・ル」
もうこの曲トラジュちゃんたちやってくれてありがとう!ほんと神すぎる。
余談でこの曲に入る前にあらんくんは前の曲がヘッドセットでの曲だから宮近くんからハンドマイク受け取るんだけどそのときのあらんくんの表情好きです。で、スリルは…ダンスがかっこよすぎるし、フォーメーションというか振り付けがすごく凝ってて、見ていてすごく楽しい。あとあらんくんが最初の部分歌ってるんだけどテルテルテルテルテルテルテルテル…の部分あらんくんてるみーきすみーって2番の歌詞歌ってる…?聞きまちがえじゃなければ…。あらんくんテルテル…だと噛んじゃうから2番の歌詞のてるみーきすみー歌ってるとかだったら可愛いんだけどなー。覚え間違え?真相はいかに…。もうこの曲はほんと好きな振り付けが散りばめられてる。ほんと好き。
あと毎回ある宮近のセリフが。ほんと6日昼の「あぶないことしちゃう?」がやばかった。ちなみに6日夜は「こっちこいよ」でした。初日の「クリエ刺激的だぜ」もやばかったけど。あぶないことしちゃう?はなんかほんとやばかった。色気と可愛さ両方持ち合わせてて、ほんとあぶないことしてる気分←は? 年下の男の子感はんぱない。宮近可愛い~(;▽;)後半は宮近がどんな台詞繰り出すか楽しみです。

お次はこちら。
「水の帰る場所」
この曲はもともと大好きな曲。聞くとなぜか胸が締め付けられるようなそんな気持ちになるくらい好きな曲です。もう初日は前奏流れてきた時から涙が止まらなくて。この曲で宮近くんガムパのときより歌がめちゃくちゃ上手くなっていると確信しました。そして一人ずつ屋良くん立ち位置で出てくるんですよね。うみくん、朝日、しずやまで出てきて3人を下手側に従えてのサビ。サビの「堕ちてゆく自分が愛しすぎて~」であらんくんは上手から登場。ほんと、水の帰る場所はみんな普段と踊り方が違くて。みんな自分なりの屋良くんを演じてるかんじ…!!みんな屋良くんの真似が入ってるかんじの踊り方。たぶん1番しずやがいつものままかな踊り方。あらんくんはいつもより滑らかにクネクネ動いてる気がした。普段のダンスより色っぽいんだよな、動きが。で、そのあと最後のサビを4人が台の上で歌唱してステージいっぱいいっぱい使って宮近が屋良くんパート。もう圧巻です。この宮近ダンス部分にクリエのチケ代払えます。いやそれ以上ってくらい。初日も2日目も震えが止まらないというか鳥肌がたった。かっこいいという言葉では全然足りないくらいかっこいい。宮近から熱い重い想いみたいなのが伝わってきて心を奪われる。ぜひこの曲はトラジュ担以外の方たちにも見てもらいたい曲です。

でそこからのぎゃっぷです。次の曲。
まじこのセトリ考えたのだれ?心の振り幅半端ないから。ここ!笑あらんくんは最初のAメロ部分下手の台の上で軽く踊りながら歌ってるんだけどそこのぴょこぴょこした踊り方がかわいいかわいい。
いつの公演か忘れたけど口ぷくってしたあとにんってしてて激かわだった。この曲はほんとかわいい。可愛すぎる。水の帰る場所とのギャップ。振り幅おそろしや。

なんかこの流れのまま全曲書いていきそうなので少し曲省きます笑

次はこれ。
「Care」
これはね。語らなきゃダメですね。
あの~あらんくんなんであんな衣装なのかなあ。笑白パンに白地に赤っぽいプリントの入ったTシャツに水色のジャケットにすこし淡い青色のストール。ストール暑そう。マフラーみたい笑ガムパの時の濃い青ですこしキラキラしてる感じのロングジャケットかっこよかったのになあ。ま、衣装はおいておいて。歌はほんとガムパのときよりますます上手くなって(;▽;)表情、抑揚もすごくよくて。ガムパのときはなかった「ルールの世界で~」部分があるの!!そこめっちゃかっこいいから。ただ良くなれば良くなるほど更にいいものを求めたくなっちゃう。笑 あらんくんはもっとお客さんを包み込めるような息の流れというか声の出し方できるようになったら無敵だなあって思いました。ほんとまだまだまだまだ伸びしろはたくさんたくさんあって。見る度にどんどん少しずつ良くなっていくのが嬉しいし誇らしくて。あらんくんにとって、あらん担にとって将来振り返ったときにこの曲はかなり思い入れのある思い出深い曲になるんだろうなって思ったら泣けてきた…

そしてCareからの
『Listen!』
もう…震えるよ。まじ、CareからのListen!はねいつも心構えが間に合わなくて気持ちがあたふたしてた。Careの余韻引きずろうとしてる所に更なる刺激が!
というわけで「Never Again」ですね。
ガムパのときにあった間奏部分のダンスがないのが少し残念ですが、それはいいとして。このときあらんはCareの衣装のままで宮近は白シャツに赤いベストなんですよ。二人の衣装の不釣り合いさが半端なくておいっ!って思います。宮近のベストの赤の色的にもやっぱりあらんくんはガムパのCare衣装の方がいいんだけどなあ…笑
ほんと衣装が不釣り合いなんだよな。せっかく二人であらちかの世界観半端ないのにもったいないなあ。。。
でネバアゲはなんでだかよくわからないけど5/6夜公演のネバアゲが今まで聞いたネバアゲの中で1番よかった気がした。鳥肌止まらなかった。あらちかがあらちかすぎて。とくに5/6夜のあらんの「躊躇いの迷路で~」の「でぇえ~」の部分が今までで1番よかった。音、声、表情全部がわたしの中の何かにガッチリハマったみたい。なんかビリビリきた。ゾクゾクした。あべあらんかっこよすぎた。
やっぱりネバアゲは神曲でした。

このあと抱夏、さかさまの空ええじゃないか…と各組み合わせめちゃくちゃかわいい楽しいところなんですが書くと長くなっちゃうから割愛。
一言だけ言わせてもらうとしたらさかさまの空の終わりに食い気味で上の方に登場した宮近が「ええじゃないかー!!」って叫ぶところが毎回激カワ。そこから歌詞始まるまでに急いで階段を降りてくるその様子がまた激カワ。宮近可愛すぎてつらい…(´×ω×`)
でそこからWかいとの寸劇からの朝日という可愛いの集大成なんだけど割愛。

可愛いポップなわちゃわちゃした空気から一転してLoveless
この曲はしずやとあらん2人であらんは下手側の台の上なんだけど、しずやは結構踊ってるのにあらんくんほとんど踊ってない曲です。踊ってよ!って思うけど…歌っている表情を見てたらそんなこと言えなくなりました。Careと一緒。いやそれ以上。あらんくんこの曲をほんとに大切に大切に歌っている感じがするの。Loveless歌ってるあらんくんの表情、たまに動かす手が本当に美しすぎて。ハッて息が止まる。ほんとに。結構周りの人はあらんなんで手抜いてんの?踊らないの?みたいな声もあったしわたしも最初はそう思ったけどあらんくんの表情見てたらあらんくんは決して手を抜いてなんかいないしむしろ一生懸命この曲を大切にした結果なのかなと思いました。あくまでも一個人の意見ですけどね。
でこのLovelessからの「Shelter」
舞台上方に5人並んでスポットライトで照らされて始まるShelter。もう最初の1フレーズで涙止まらない。この曲は本当に言葉にできない。自分の目で見てくださいとしか言えない…。トラジュちゃんたちと共に歩んできてその時々でトラジュちゃんたちの成長が垣間見える曲だと思うから今後もずっとずっと節目節目でShelterを見たいなあと思いました。トラジャ9人でのShelter見たいなあ…( .. )

で1つ言うなら5/6昼のShelterはあらんくん最初に腕まくりしたのに踊ってる最中に袖おりてきちゃって少し踊りにくそうだったけど途中で腕まくりすることなく踊りきっていたのに感激したよ…。ガムパのリアデラのときは何回腕まくりしていたことやら笑 ちなみにガムパのリアデラ時と同じ衣装です。黒地にシルバーのキラキラの襟に唇マークついてるあのジャケット。


このあとこのShelterを皮切りにWillC=NOMALMissing Pieceとダンスナンバーが続きます。
全てかっこいいし、それぞれに好きなポイントがあるのですがWillもC=NOMALも少クラでやったまたはこれから流れるから今回は割愛します。でもC=NOMALのあらんくんやばい!すき!なポイントあるのですが…少クラで放送された時にでも言おうかなあ笑
でこちら。「Missing Piece」
もうね。この曲のフォーメーション好きすぎる。素晴らしすぎる。最初の「好きだって想えた 瞬間に怯えた」の部分のあらんくんかっこよすぎるのどうしたらいい?いつもそこで1回思考停止するのにそのあとの「偽っていられた 簡単に自分も」の宮近もかっこいいからもううわあああってオーバーヒートする。あと最後のサビみんな円形になって内側向いて踊るのがほんとかっこいい。最後全員外側に向かって側転で終わるのも。もう構成が素晴らしすぎて…涙 振り考えたの宮近くんですか…?もうトラジュのダンスの魅力全面に押し出してきた曲だと思う。

でそこからガラッと変わってギャップありすぎな「ズッコケ男道」
ほんと今回誰がセトリ考えたの…。何回もかっこいい⇄かわいいでゆさぶらないで。笑 ほんと苦しいから、つらいから…。ズッコケ男道はお立ち台にくるよ。もうみんな可愛すぎて嫌だ。あんなかっこいいの見せられたあとにこんな可愛さ振りまかれたらたぶん高確率で堕ちる。もうなんかこの時点でかなりクタクタでした…わたし笑


しかし2日目の5/6からこのあとにとんでもない爆弾仕組まれまして。
わあ、かわいい♡と思っていた矢先。いきなり流れ出すあの前奏…。無意識に\ギャー/って叫んでました。もう号泣でした。
「Real Dx」
絶賛ガムパロス中にクリエのこと考えていたある4月の日。トラジュ5人だけでリアデラ踊るの見れたらその日に死にたいわ…。でも…5人でリアデラ…ないない。と考えていた私。有り得たじゃん!!!!!トラジュ5人でリアデラ最強すぎてもう…どうしよう。ガムパから毎度のことながらあらんくんはなんか少しノリにくそうなノリきれてないようなガシガシには遠い踊り方ですが笑 いや…もう5人でリアデラ。それだけでやばいし、震えが止まらなかった。もうあの前奏聞いただけで泣き崩れそうになった。どうして2日目からリアデラを入れたんだろう。最後にまだまだ終わらねーぞって爆弾1つ落としてくれた彼らに脱帽です。リアデラ…後半でも残してね。かなり会場のボルテージ上がったのは彼らも感じたはずだから。

そしていよいよ本編最後の曲。
「Will Be All Right」
初日、この曲流れ出した瞬間号泣でした。この曲はガムパの時もかなり熱く語ったけれど今の彼らの年齢で彼らが歌うのがすごく等身大な感じがして好き。
歌割りはガムパのときと同じであらちか2人で歌っていたBメロ前半をしずや朝日うみくんで歌ってます。
Aメロの「どうしたの~涙の訳は~?」まであらんくんパート。他4人が後ろ向いてる中一人で歌う姿に涙。初日は「Tell me」言ってたのにあらんくん2日目から言わなくなったんだよね…なんでだろう。1日目の「Tell me」がガチで色気やばくて表情も自信に満ち溢れててすごくすごくよかったから言わなくなっちゃったのちょっと残念。で宮近ソロあってからあらちか後ろに下がって後ろ向いて前に出てきたしずや朝日うみくんが歌う「仲間と繋いだ楔 やっと見えてきた光 これだけは負けない」もう泣くしかない。この3人でこれを歌うなんて泣くしかない。であらちか振り返って、ガムパの4/1から追加されたあのハモリありで5人で「いつまでも消えないよ あのとき誓った想い 明日へと進もう」もう…溢れすぎて無理。トラジュちゃんたちのためにあるんじゃないかってくらい、トラジュちゃんたちにぴったりな歌詞。そしてこの曲を5人全員で本編の最後に歌うと決めた彼ら。ほんと素晴らしい。この曲以外の本編の終わり方はもう考えられないかも。(といって後半でセトリ大幅に変わってしまったらどうしよう笑) でもほんと泣けます。このWill Be All Right。サビの振り付けはガムパのときのままだから宮近くん振り付けかな。最後にみんな一緒に「おーおおー」歌うともう涙。感動。で極めつけ。あらちかの「遠くへーーー!!!!」あれだめ。泣いちゃう。だけど宮近くん煽りに必死で5/6昼の「遠くへーーー!!!」はあらんくんひとりになってましたけど…笑 宮近くんそこは遠くへちゃんと歌わなきゃ笑

であらんくんが挨拶をして本編が終わります。

さ、来ました。アンコール。
もう書き始めたときからこの曲について書きたくて書きたくて仕方なかった。
私が今回1番好きな曲。
「Get Up!」
再び幕が上がり流れ出す前奏。
うみくんがセンターでサングラスかけた4人を従えてる姿が素晴らしすぎる。そしてサングラスかけたあらんめっちゃイキイキしてる!なんであんなに楽しそうなの!!かわいい!!!でサングラス外してからも終始楽しそうで終始ノリノリで踊ってるあらんくん。今回のクリエで1番あらんくんらしいダンスが見れるのはこの曲で間違いないと思う。ほんとなんでこの曲だけこんなにはっちゃけて楽しそうなの??(´nωn`) 最後の最後に泣かせないでくれ…笑 お客さんも初日はリアデラなかったからね、この曲が1番盛り上がってた。もう、サビ前の\Yeah!/が気持ちいいくらい揃ってて。そして優馬くんポジションのうみくんが神すぎる!!!!とくにサビでメンバーの間縫って前にでてくるとこ!!(伝わるかなあ…伝われ!!)わあ!優馬くんだあ!って思うくらいうみくん研究しつくしてる。うみくんメインのステージ。あくまでもほか4人はうみくんのバック。うみくんはハンドマイクでほか4人はヘッドセット。いやあ…Get Upは素晴らしすぎる。アンコールでやってきたうみくんのための舞台。ここまで温存してとっておくのがまたね…。ほんと今回のセトリ案出したの誰???素晴らしすぎるよ。曲の使い方もうみくんのラスボス感も。あらんくんもノリノリだし。これ見るとああ帰りたくないなあって思うんだよね。(だから後半ラストはちゃんとダブルアンコールあるといいなあ…)

で最後の最後にやってくる神曲
「DayBreaker」
手ブンブン振りながら号泣です。この曲。もうね、音も歌詞も好きすぎるの…。この曲を歌おうって言ったの誰?ほんとにお礼あげるから!!!もうね涙しか出てこない。この曲で腰ふりふりしながら手振ってる宮近くん可愛すぎるんだけどどうしようか笑 あとあらんくんもめっちゃかわいい顔してるんだけどどうしようか。もうこの曲永遠に続けばいいのに…涙 もうこれしか言えないから強制終了しますわ笑

で最後に宮近くんが挨拶して幕がおります。


ほんと最初から最後まで幸せ溢れてる公演でした。ガムパはこのクリエの前兆でしかなかったし、クリエの調整のためのいい機会だったしあらちかの勉強会だったのかもしれない。ガムパで学んだこと、よくなったとこをそのままクリエに持ち帰って生かしてるのがよくわかったし、ほんと素晴らしかった(;▽;)

バックとか誰もいなくてほんとに5人だけで作り上げてるコンサート。そして本人たちも毎回言っていたけれどダンス、構成を全て1から自分たちで作っているコンサート。ほんとに10代の彼らだけで作ってるのか疑うくらい素晴らしい構成、セトリ。もっともっと彼らが作るコンサートを見たいって心から思ったし期待していた以上のクオリティすぎてほんとどうしたらいいのやら。そしてさらに感動したのが初日から2日目でちゃんとダメだったところは軌道修正していたところ。2日目は初日よりすっごい良くなっていました。後半まで一週間。後半はさらに前半の反省を生かしつつ新しい挑戦も入れつつ素晴らしい公演を見せてくれるのではないかなと期待してます(私は入れないのですが)

トラジュちゃんたちまだまだまだまだ大きくなれる!と強く確信できたしトラジュ担じゃない人達にもぜひ見てもらいたいと思う公演でした。クリエ曲をいつか少クラでやらせてもらえる時があったらいいなあ…。

あらんくん、宮近くん、しずやくん、朝日くん、うみくん。
クリエ前半戦お疲れ様でした。
たくさんの幸せをありがとう。
これからもずっとずっと応援し続けます。







ここまでがセトリのお話。
ここからは個人的なお話します。読み飛ばして頂いて構いません。

今回初日は良いご縁があり譲っていただけて、5/6昼は当日券が当たり、5/6夜は一般で電話が繋がり取れたので入ることができました。
5/5は前列どセンターですごくすごく見やすくて。5/6昼は最後列の補助席の下手通路側だったのですが最後列ですが普通に楽しめました。そしてLove soのハイタッチコーナーでは宮近くん、あらんくん、うみくんとハイタッチすることができました。あらんくんは初日は上手側にいたのでまさか下手側にくるとは思わず…ほんとありがとうございます(´×ω×`)
うみくんは最後の最後に急いで最後列まで来てくれて…( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )
みんなできる子すぎて…( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )
最後列は当日券のお客さんってわかってるからなのかな?みんな客席奥まで入り込んで通路から4列くらいまでの人に自らハイタッチしにきてくれてました。
5/6夜は後列の最下手で入りまして。見学の松松をかなりの近さで見ることができました。公演始まってすぐにたまたま振り向いたらげんげんと目が合ってすごくびっくりした顔したらげんげんが前方指さして前向いてみたいなジェスチャーしてくれました…。なんか…ごめんなさい笑 げんげん可愛かったです。
こんな感じでわたし的に幸せなことがたくさんありました。ほんとにプラチナチケットでなかなか手に入らないクリエ。運に味方してもらい前半3公演に入れたこと感謝してもしきれません。後半のチケットは所持していないのと予定が合わないので入ることは多分ないと思います。これからクリエD公演後半行かれる方の感想を楽しみにしてます。

トラジュちゃん、後半も頑張ってください。遠くから応援しています。









ガムシャラJ's party vol.9

お久しぶりです。全然現場の記録かけていませんが、セクゾコンと少年収については割愛させていただこうと思います。というわけで今回はガムシャラJ’s party vol.9について書こうと思います。今回のガムパは待ちに待った、自担初登壇のガムパでした。よいご縁が沢山あったこともあり、また初めて自分の名義も役目を果たしてくれ、全部で4公演入らせていただきました。3/31昼と夜、4/1昼と4/2夜に入ったのですが全部違う場所で見ることができすごく楽しかったです。また、自分自身あらんくんと本気で向き合いあらんくんだけを応援するようになってからは初の現場だったのでとても幸せでしたし、贅沢な公演でした。

ガムパの第一の感想としては私があらんに担降りをしたことは間違ってなかったと再認識できたしあらんに降りてほんとによかったなと思えた公演でした。歌やダンスだけじゃなくてあべあらんの人間性みたいな人格みたいなのものを生で目の当りにすることができて改めてというより今まで思っていた以上に期待しかない人だし、応援して、見届けていきたい気になる存在だと思いました。

歌やダンスといったアイドルとしての技術面でのパフォーマンスについて語るとすれば、歌に関しては今までほとんど披露する機会すら与えてもらえていなかったことが悔しいくらい上手で。たぶん悔しいからここまで上達したんだろうけど。
あたしの予想をはるかに上回るうまさでした。馬鹿にしてて、見くびっててごめんね、あらんくん。でも思っていたよりは上手なだけでまだまだ課題は沢山あるし、伸びしろもたくさんあって。こうやって披露する機会を与えてもらえなけれ
ば次へのステップに進んでいくことはなかなか難しいだろうなって思ったから"これからは適度にあらんくんにも歌割りあげてくれ~"って声を大にしていいたい。場数踏めばもっともっと安定するし上手になるよ、絶対!!

 
あらんくんの歌声は17歳には思えない甘さ色気があるんです。地声でも裏声でもなくて、普段の地声から想像していた歌声とは全然違くて度胆抜かれました。いい素材持ってるじゃんって!!声質は変えたくてもなかなか変えられるものではないからあのあらんくんの歌声はあらんくんの立派な武器になると思う。ほんと歌声大人っぽかったなあ。かなり甘い歌声です。聞いたら脚から力が抜けていきそうになるくらい。
 
ダンスに関しては素人のあたしがどうこう言えることじゃないけれど、マイクを持つとやっぱり少しダンスがおろそかになってしまう感じが否めないなあと。マイクを持ってももう少しいつも通りのがちゃわちゃしたあらんらしい踊り方ができるといいなあ。なんて。あとはもう少しダンスメインのパフォーマンスも見たかったってのが正直な感想。ま、欲張りですよね、そんなこと言ったら。


あとはMCやミニミニ運動会で先輩方とお話したりしてるあらんくんを見てあらんくんはほんとに愛される人だなと思いました。たぶんあべあらんにかかわったほとんどの人があらんの魔法にかけられてるよ…!!← みんなあらんくんに甘すぎ。そして甘やかされてるあらんもあらんで全然満更でもなさそうなんだから。もう!罪な子!!!何人虜にすれば気が済むの!!!でも仕方ないよね。あんな愛くるしい笑顔振りまかれて、平常心保つ方が無理だわ。

少しふざけて語ってしまったが、あらんくんはほんとに周りの方々に恵まれているなあと思ったし、そういう人たちを引き付けるというか、周りにそういう人が集まってくるそんな習性があらんくんにはあるなあと思います。そしてあらんくんは上下関係をすごく大切にする子ですよね。そういう教育を受けてきたのかしら。
一番印象的だったのはステージ上で先輩とすれ違う時は必ずあらんが後ろを通ろうとしていたことでした。1回お互いが後を通ろうとしてお見合い状態になってた時があったんですが、あらんくんが最後まで後ろを通ろうとしいて結局お互いステージぎりぎりまで下がっていってあらんくんがちゃんと後ろを通るなんて光景を見かけました。ほんとに小さいことだけどそういう心遣いができるあらんくんを誇らしく思います。あとは4/1昼のミニミニ運動会のときに率先してゴミを回収したりおしぼりを持って来たりしていたのが印象的でした。
 
また4公演を通してあらんくんは耳から受ける情報よりも目から受ける情報の方が強い子のかなということをすごく感じました。マイペースだけど周りは見えているというのは自分の世界にがっつり入ってるときは耳から聞こえたことがなかなか行動に反映されてないけど周りは見えていて誰がどういうことをしてるとかはわかっているんですよね。これも4/1昼に一番感じたのですが、ぽけーってしてたなと思っても先輩が手がべとべとで困っている様子見たらスタタタタと先輩におしぼりをもっていっていたのですがコーナー終わりにみんな片づけて的なことを安井くんが促したときは聞こえてなかったのか全然動かなくて、みんなが片づけに動き出したのを見たら思い立ったように動き出したなんてことがありました。

こうやって小さい行動一つ一つを生で観察できたのは非常に楽しかったです。そして新たにあらんくんについて気づけたこともたくさんあってうれしかった。ほんと4公演入ってよかったです。


 
なんかつらつらと語ってしまいましたがセトリについても少しだけ。
なんといってもまず特記する曲はネバアゲ。
最初のあらんの「Listen!」で会場の温度がガーって上がる感じが最高で、その会場の空気感が嬉しくて毎回泣きそうになってました。しかもね、最後のサビは花道であらちかが背中合わせで歌うんですよ。もうその姿がきれいすぎて。素晴らしいシンメだと改めて感じました。
4/1昼はネバアゲの時あらんくんあんまり高音域声でてなくてのどの調子は悪そうで。
あらんくんのソロのCareをすごく心配してたんだけどその公演のCareが一番音が安定してたしちゃんとCareの時は高音も出ていたし。ほんとまだまだ不安定なんですよね、あらんくんの歌声。これから場数踏んでいくことで音階の安定感、声量の安定感が出てきて毎回ある程度のクオリティを保てるようになると思うからこれからに期待です。

で、話があらんくんのソロになってしまったからそのままCareについて話したいと思います。
あらんくんのCareはあらんくんが毎日自分のパフォーマンスを映像で見直して反省して次に生かしている感じがすごくしていて公演を重ねるごとに歌や表情、目線がすごく良くなっていった印象でした。31日の公演は1つ1つ音を丁寧にあてていくような歌い方で表情もここでこうしようという感じが垣間見える感じがしていたのですが、日に日に抑揚がついてブレスの間隔も広くなってたっぷり歌うようになってたし、何より自然に歌詞を歌いながら表情がつくようになっていたのが印象的でした。サビ前までは伏し目な感じで目を閉じ気味で歌っていてサビで目を開いて声が力強くなって声も張り詰めるんですけどそこまでの盛り上がりが日に日にうまくなって…。最終公演はほんとに集大成って感じで、感情を思いっきり乗せて歌っていて、まだ感情的に抑揚をつけると音が安定しないところがあるんだけどそんなの気にならないくらいの熱量、圧を感じてほんと聴けてよかった、ここに私居れてよかったと心から思いました。最後の泣いた分の笑顔が待ってるのあらんちゃんの笑顔がほんとに大好き。あの笑顔で何人のあらん担が背中を押されたことだろう…。ほんとあの笑顔を見るとこみあげてくるものがあって。で最後に右手をお腹にあてて紳士的に一礼するあらんくんがお美しくて。出てきてから、はけるまで。あべあらんたった1人のソロコーナー。すごく幸せな時間、空間だったし、堂々としていて、真っ向から勝負をしてるあらんくんがとても誇らしかったし、これがわたしたちのあべあらんだよ!!!みんな見てみて!!ね?めちゃくちゃ魅力的でしょ!!!!って自慢したくなるような、誇りたくなるような。できることならあらん担じゃない人にも1度は見てもらいたいステージだったななんて思ってます。

でそこからかっこいいかっこいい宮近くんのダンスになるんですよね。もうね、呼吸するのも忘れて見とれてしまうようなそんな感じでした。もともと宮近くんのダンスは息をのむ感じで見惚れてしまうんですよね…。いろんなジャンルの振りが入っていて、あの数分に宮近くんのダンスの魅力がギュッと凝縮されている気がして。すごく密度の濃いパフォーマンスでした。いつもあっという間で、もう終わっちゃうのか…ずっと見ていたいなって思っていました。やっぱり宮近くんのダンスかっこいいな。ダンスしてる宮近くん大好き。

そしてそのあとですよ。Will be all right この曲、大好きなんです。現役DK感たまらない。音階も明るくて、歌詞も前向きで希望に満ちていて、いまのあらちかにすごく等身大の曲だなあと思いました。今の17歳という年齢のあらちかがこの曲を歌っているのを見れてよかったと思います。あとは4/1からサビ前のBメロ部分にハモリいれてきたのが鳥肌だった。4/1の昼は音がはまりすぎててほんとに。この子たちやればできる子じゃん!!やる機会がなかっただけじゃん!!とほんと震えました。ちなみにあらんくんが主旋律で宮近くんが上ハモだったはず。いやあほんと4/1昼はよかった。はもり。もう泣くしかなかった。
この曲Wooooohのところで会場と一体感も出るしあらちかの遠くへ~!!部分聞くとうわああああああって感情あふれてくる。私が今回のガムパで一番映像で残しておきたいのはこの曲かもしれないです。今の時期しかこの等身大感は出ないと思うから。

あらちかコーナー以外だとNakedの振りが個人的に大好きです。オーラスでやっとあらんらしいわちゃがちゃ腕振り回して踊っている姿見れて鳥肌立ちました。
あとはリアデラはもうね、曲が好きなんで。でもオーラスは袖落ちてくるのを気にして腕まくりばかりしてましたね。あらんくん。あらんくんらしいんですけどね、もうちょっとがっつり踊っている姿見たかったなあなんて…笑
あとはアイノビの最初の肩?首?回す振りのところがあらん過ぎて毎回死んでました。

まだまだね話した曲も話してない曲も1つ1つ細かい部分部分に好きなあらんくんがいるんですけどだいぶ長くなってきちゃったので割愛します。


ほんといろんなあらんくんを見ることができる貴重な貴重な時間でしたし、本当に幸せでした。あらんくん初めてのガムシャラJ’s party お疲れ様でした。ちゃんと爪痕残せていたと思うし本当にそんなあらんくんの様子が誇らしかったです。
これからもいろんな現場で頑張っているあらんくんを見届けていきたいなって思ったしそんなあらんくんに元気をもらいたいなって思いました。本当に素敵な幸せな贅沢な時間を空間をありがとうございました。




新たなる一歩

 
お久しぶりです。
今日はちょっくら自分事の記事を書かせていただきます。
 
私はかれこれたぶん熱烈時期としては7年、ゆるヲタ時期も含めるとやく9年程、二宮担をして参りました。
今まで幾度となく二宮さん以上の人がいつかきっと現れることがあるだろうと思う反面、そんな人いないよな、きっと、なんて矛盾した考えを抱いて来ましたけど、一昨年から気持ちが徐々に徐々に揺れ動き、ついにそのときが来ました。
 
先日、気がついたら二宮さんを超える存在に阿部顕嵐くんがなっておりました。
二宮くんが落ちぶれたわけではなく、阿部顕嵐くんの昇り方が今までにないほどのものだったということです。
そしてこの度、晴れて二宮くんを第一線で追うのを卒業し、阿部顕嵐くんを第一線で追うことと相成りました。
 
二宮さんへの思い出が思い入れが沢山あり気持ちに気づいてから決断までに約1年もの期間がかかってしまいました。
 
しかし1年弱悩みながら二宮さんを追い、悩んでいる時期に二宮さんのいる現場に4回も行けてやっぱり卒業するのは無理だと思った矢先に顕嵐くんに半年ぶりに会える現場が急遽訪れました。
 
そしてそこで阿部顕嵐くんを見た時に今までにない感情が押し寄せてきました。二宮さんに対しては感じたことのないような感情が。
 
そのとき心に決めました。
私はこの子を1番にずっと見ていたい、見ていきたいと。
 
 
顕嵐くんをこんなに好きになれたのはそれまでに二宮さんを好きになって二宮さんを見てきた過程があったからだと思っています。
 
二宮担じゃなかったら、今私は顕嵐担にはなっていないと思っています。
 
それくらい二宮担になってから色々なことが私の中で変わり、私の基盤のような、軸のようなものが二宮さんを追うことによってブレなくなった気がしています。
 
二宮さんには沢山のことを教わりました。そして沢山のことを考えるきっかけを与えていただきました。
 
本当に二宮担でよかったと心から思います。
 
二宮担は降りてしまうけど、二宮さんは間違えなく私の人生のキーパーソンであり、二宮さんのことはずっと大好きです。
 
これからは阿部顕嵐という人を全力で追って、全力で向き合い、考えていきたいなと思います。
 
 
というわけでこれからは掛け持ちでなく阿部顕嵐担としてのみよりをよろしくお願い致します。
 
 
 
 
ちなみにこれからもジャニヲタであることは変わりなくできるだけ多くのジャニーズの現場に足を運ぶつもりです。