偶然がいつもまた運命

現場備忘録、その他諸々。

阿部顕嵐(20)のはじまり

 

すっごく久しぶりにブログを書こうかなと思い立ち書き始めましたが何を書くか全然まとまらないので多分内容がすごく薄いと思いますが悪しからず。

 

まずは阿部顕嵐くん、20回目のお誕生日おめでとう。私が担当になったときあらんくんは16歳でした。掛け持ちを辞めてしっかりあらんくんと向き合うようになったとき、あらんくんは17歳でした。もうそれから3年も経つのだからあの時と環境が大きく変わってるのも当たり前だなと思うけど、それにしても目まぐるしかったよね。あらんくん。

 

あらんくんの好きなところ。

言葉にしてしまうと薄っぺらい表現しかできないのだけれど、謙虚なところ。野心家なところ。

頑張ってる姿は見せようとしないけど、頑張ったって証を結果に残してくれるところ。

不言実行に見えてすごく有言実行なところ。

言霊の力を信じさせてもらえるくらい、あらんくんは今まで口にしたことを沢山叶えてきてるところ。

ずっとかわらず無邪気なところ。

礼儀正しいところ。

優しすぎちゃうところ。

まだまだ沢山沢山あるんだけど、今日はこんなあらんくんの過去を振り返りつつ、あらん担として何か一つ節目となるブログが書けたらいいなと思い書き始めます。

 

私があらん担になった1番のきっかけは2014年4月放送の少クラでのはぴらきでした。

岩橋くん、神宮寺くん、宮近くんと顕嵐くんの4人が最前列で踊るはぴらき。

そのときあらんくんがメインで歌い踊る姿を初めて見て、"この子だ!!"っと惹き込まれました。

その前から中島健人くんのCANDYのバックの時にうっすら気になっていたりはしていたものの…心をがっしり掴まれたのはあのはぴらきでした。

私的あらん担1年目は贅沢すぎるくらいあらんくんに沢山お仕事があって、当たり前にテレビや雑誌で最新のあらんくんが沢山放出されてて、新しいことを摂取することに必死で。でもそんな中でもあらんくんの過去を知ろうと1番最初に手に取ったのがプレゾン'12と'13のDVDでした。プレゾンのDVDを観てもっと早くにあらんくんに出会っていたらなとすごく後悔し、プレゾンを生で観てみたいとプレゾンにまたあらんくんが出てくれることをすごく心待ちにしていました。

でもその年はテレビ露出が史上最強に多くて、毎月当たり前のように少クラにメインで出演していて、毎回メインで歌唱があって、ドラマもSHARK2からの近キョリ恋愛では主演に抜擢されて。

多分すごく恵まれたタイミングであらん担になったなと今振り返ると思う。

 

でもそんな日々は長くは続かなくて。

あらんくんの、過去としてしか知らなかったプレゾン。ついに私が観られるときがきた!そしてTravis Japanが9人でやっと揃うプレゾンがついに!と思って楽しみにしていたプレゾン初日の前日、思わぬ知らせが舞い込む。自担がゲネプロで骨折し、全公演休演するというものでした。すごく苦しかった。でもきっと1番苦しかったのはあらんくんだって分かってるからあらんくんのことは責められなくて、怒りを向ける先もわからずただただもやもやして過ごした2015年1月。プレゾンが終わって骨折も治ったのに少クラに呼んでもらえない。呼ばれても歌唱なし、先輩のバックで踊れればいい方でコーナー出演のみで歌ったり踊ったりしてる姿がテレビで見れることがほぼなかった。そして下半期にはついにコーナー出演すらなくなりスタジオ収の映像が流れる日をいつかいつかと心待ちにするだけの少クラ。

あらん担になってから2年間で最強に推されてた時期も最強に干されてた時期も味わうことになった。(もっと干されてる子だっているよと言われてしまえばそうなんですが、今までデビュー組しか追いかけたことのなかった私にはテレビでの露出がないことがとてもとても辛かった…。)

 

でもテレビでの露出がない分現場には沢山行った。J's party、トラジュクリエ、サマステチーム覇。どの現場もすごく楽しかったなあ。思い出がありすぎて、ほんと語ると止まらなくなるので今回は割愛します。2015年の現場を通してあらんくんと先輩メンバーとの接し方を見ていてあらんくんの為人に魅了されたし、同世代の仲間や先輩ジュニアとだったり様々な括りでの現場を見ていてあらんくんの色んな顔が見られたし、どのあらんくんも大好きにならざるを得なかったなと思う。

 

そして2016年。あらんくんはまたもや大きな転機を迎える。

まず大学生になった。

車の免許をとった。

そしてTravis JapanからLove-tuneになった。

私は自分の学業が忙しくて、この一大変化の過程を見届けることが出来なかった。

少し目を離していたら気づいたら所属ユニットが変わっていた。

ギターを弾けるようになっていて、バク転ができるようになっていた。

ほんの少しの間、あらんくんから目を離した隙に、あまりに変わりすぎて、全然ついていけずそのまま冷めそうだった。

 

でも、いま、あらん担を続けている。

それは、一見変わってしまったと思ったあらんくんの根本の部分は私の知ってるあらんくんのままだって時間はかかったけど気づくことが出来たから。

 

私があらん担になってからあらんくんは1年たりとも同じ環境ですごしたことはない。毎年毎年括りだったり環境が変わっている。多分ほかのジュニアよりも。

でもね、毎年毎年あらんくんは変わらずあらんくんなんだなって思えた。

あらんくんはもちろん出来ることも増えて、変化もしてるんだけど、ずっと芯は通ってて。

 

その変わり続ける中で変わらないで在り続けている部分がすごく好き。

見る人によって捉え方によってあらんくんの変わらない部分ってのは違く見えているのかなと思うけど、私は、私の場合は、あらんくんのずっと変わらない部分っていうのが、このブログの最初に羅列した、あらんくんの好きなところ、に書いた部分だと思う。

 

いつまでもあらんくんがあらんくんで在り続けている限り私はずっとあらんくんの事が好きだと思います。

 

あらんくんのまだ叶えていない夢が叶う日がくることをずっとずっと楽しみに待ってます。

 

相変わらずあらんくんは期待しかさせてくれないので、その期待にさらに期待を重ねて。これからのあらんくんの未来をすっごく楽しみにしてます。

 

これからもあらんくんに素敵な景色を沢山見せてもらえるんだろうなあ。

 

 

まとまらなくなっちゃったけど、結局言いたいのは、あらんくんが大好き!あらんくんの未来に幸あれ!ってことです。

 

 

阿部顕嵐くん20歳おめでとう!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

⊿Memory

 
2010年(4)
2011年(4)
2012年(4)
  • 06/17/夜 「嵐のワクワク学校2012〜毎日がもっと輝く5つの授業〜」@東京ドーム
  • 06/21 「IKIMONOGAKARI NO MINASAN KONNITOUR!!2012 NEWTRAL」@渋谷公会堂
  • 08/31 「IKIMONOGAKARI NO MINASAN KONNITOUR!!2012 NEWTRAL」@日本武道館
  • 12/16 「ARASHI LIVE TOUR Popcorn」@東京ドーム
2013年(0)
 
2014年(11)
  • 06/29 「嵐のワクワク学校2014〜友情がもっと深まるドーム合宿〜」@東京ドーム
  • 07/23/3部 「Sexy Zone summer concert 2014」@さいたまスーパーアリーナ
  • 08/08/2部 「ガムシャラSexy夏祭り!!」@EXシアター
  • 08/26 「ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY」@東京ドームシティホール
  • 09/06 「Mr.S "saikou de saikou no concert tour"」@東京ドーム
  • 09/11 ニノさん番協「ニノミファソラシド」
  • 9/20 「ARASHI BLAST in Hawaii ライブビューイング」@新宿ピカデリー
  • 09/23 「YUZU LIVE TOUR 2014 新世界 追加公演」@横浜アリーナ
  • 11/26 「ベストアーティスト2014」@幕張メッセイベントホール
  • 12/13 「ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN」@札幌ドーム
  • 12/21 「ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN」@東京ドーム
2015年(25)
  • 01/25/2部 「ガムシャラJ's party vol.7」@EXシアター
  • 02/20 「ガムシャラJ's party vol.8」@EXシアター
  • 02/21/2部 「ガムシャラJ's party vol.8」@EXシアター
  • 03/14 「いきものがかりのみなさん、こんにつあー!!2015〜FUN!FUN!FANFARE!〜」@幕張メッセイベントホール
  • 03/16「ザ少年倶楽部」番協@NHKホール
  • 03/27/2部 「Sexy Power Tour」@横浜アリーナ
  • 03/31/1部 「ガムシャラJ's party vol.9」@EXシアター
  • 03/31/2部 「ガムシャラJ's party vol.9」@EXシアター
  • 04/01/1部 「ガムシャラJ's party vol.9」@EXシアター
  • 04/02/2部 「ガムシャラJ's party vol.9」@EXシアター
  • 05/05 「ジャニーズ銀座2015」D公演@シアタークリエ
  • 05/06/昼「ジャニーズ銀座2015」D公演@シアタークリエ
  • 05/06/夜「ジャニーズ銀座2015」D公演@シアタークリエ
  • 05/16/昼「ジャニーズ銀座2015」D公演@シアタークリエ
  • 05/16 「いきものがかりのみなさん、こんにつあー!!2015〜FUN!FUN!FANFARE!〜」@日本武道館
  • 07/26/夜 「ガムシャラ!サマーステーション」@EXシアター
  • 08/12/昼 「ガムシャラ!サマーステーション」@EXシアター
  • 08/13/昼 「ガムシャラ!サマーステーション」@EXシアター
  • 08/15/昼 「ガムシャラ!サマーステーション」@EXシアター
  • 08/16/夜 「ガムシャラ!サマーステーション」@EXシアター
  • 08/17 「ゆずの輪presents 二人参客 後夜祭 〜ゆずっこ感謝DAY 〜 in 横浜スタジアム」@横浜スタジアム
  • 09/23 「ARASHI BLAST in MIYAGI」@ひとめぼれスタジアム
  • 10/25 「『先輩と彼女』大ヒット御礼舞台挨拶」@渋谷TOEI
  • 11/21「第25回 映画祭 TAMA CINEMA FORUM 授賞式」@パルテノン多摩大ホール
  • 12/31 「ジャニーズカウントダウン2015-2016」@東京ドーム
2016年(20)
2017年(29)
2018年(1)
 

たきつば@0104


01/04にたきつば横アリ行ってきました。

サマステ以来のあらんくん。
はっきりいってあらんくんに少し冷めてきちゃってたときだったからどうなるかなとおもっていたけど、やっぱりわたしはあらん担なんだなと再実感しました。

自担がいる喜び、自担をずっと双眼鏡で追える喜びをヒシヒシと感じました。

サマステからたきつばまでの約半年はあらんくんがいない現場も何個か行きました。楽しかったりもしました。
でもやっぱり何か足りなかったんですよね。

自担をずっとずっと見ていられる幸せは他の何にも変え難いものなんだということを改めて感じました。


久しぶりのあらんくんはほんとにかっこよくてかわいくて、これからもやっぱり行ける時はあらんくんがいる現場には行きたい。生であらんくんを見たい。そう思いました。

2016年も阿部顕嵐担として自分のペースでヲタ活していこうと思いました。


トラジャを優遇してくれたたきつばのお2人に感謝します。
貴重なチャンスをありがとうございました。
これからもトラジャを阿部顕嵐くんを宜しくお願いします。



TOWA@2016/01/03


ゆずさんのアリーナツアーの追加公演に行ってきました。
まずはほんとこれ!皆さんに見て欲しいコンサートでした!
私が今までに見たコンサートのなかで指3本には入るほんと!!!

なんだろうなあ…踊ったり激しく動いたりするわけじゃないのにちゃんと会場が一体になるし、その世界に引き込まれるんです。

ゆずのコンサートは多分2016年でわたしが1番感動したコンサートになることは間違いないです。

光の使い方が秀逸で。

ほんときれいだった。かっこよかった。

光…だけでこんなにも感動できるんだ。とすごく驚きました。

コンサート自体がストーリー仕立てで某ねずみさんのテーマパークのショーを見ているような気分でした。

曲のタイミングと選曲もすごくあっていて、大きなテーマがちゃんと1本筋が通ってて、ただ楽しいだけじゃなくて色々深く考えさせられることもありました。

やっぱりゆずって歌手の域を超えてエンターティナーなんだなとおもったし、また自分が成長できたときに行きたいなと思える空間でした。

TOWA最高でした。

2016年明けました!@カウコン2015-2016

 
新年あけましておめでとうございます、ました。
 
今回の年越しは東京ドームでさせていただきました。
たまたま幸運なことに嵐枠でカウコン当選したので行ってきました!!
 
いやあ、初めてのカウコン。
こんないっぺんにジャニーズを見れる機会なんてそうそうないし、それに席が席で、かなりみなさんを近くで見られる席だったのでほんと終始ギャーギャー言ってたし、一生の思い出です。
 
ずっと見てみたかったグループのパフォーマンスを生で見ることができたり、いろいろ見てみたかったコラボを生で目の当りにできてほんとに感動しました。
 
とくにオーラがすごくて圧倒されたのは、KAT-TUNと山Pでした。なんかいままで嵐を中心に応援していて(今はあらんくんだけど)、感じたことのない”かっこいい!やばい!まぶしい!”みたいなオーラを感じました。これが芸能人か!!って感じでした。イケメンってこういうことなのかー、やっぱり嵐はかっこいい対象ではなかったなあなんて思いました。
センステがめっちゃ近かったんですけど、センステでスタンバイしているKAT-TUNがもうほんとただただ立っているだけなのにほんとにかっこよくて。
パフォーマンスはもうね当たり前に言うことないほどかっこよくて、このグループがほんとにメンバーが脱退して今の彼らをもう見られなくなるグループだなんて信じられなかったです。最後の最後生で4人の彼らを目の前で見ることができてほんとよかった。たぶんあの彼ら4人の最高にかっこいい姿を私は一生忘れないと思うし、私はハイフンではないけれどあの数分で彼らに惹きこまれたし、彼らに堕ちたし、彼らを今後恋しく思うだろうし、ロスに陥るんだろうななんて思います。
 
そして、山Pですわ。人類のキセキと言われた理由が、あの距離で山Pを見てわかった気がしました。あんなにかっこいいひと見たことないや…。ほんと圧巻でした。私自身山Pの登場にあんなに沸くと思わなかった。目の前で修二と彰を見たからかもしれないけれどほんとにかっこよすぎた。死んだ。というかあのタイミングで死にたかったくらい!ほんとこの世の未練なんてあの美しさを見れたなら帳消しになってしまうくらい山P様は美しかった。
 
でも、でも、でもね、今回は二宮団扇と聡くん団扇を持って入ったんです、わたし。
だけど終始目を奪われていたのは二宮くんでも聡くんでもなくて。
KAT-TUNでも山Pでもなくて。翼くんでした!!!
ほんと翼くんかっこいい!!!!!私めっちゃタイプなんです、翼くん。
 
プレゾンのDVD見た時から翼くんかっこいいなあ、一度でいいから近くで見てみたいなと思っていましたが、カウコンでその願いが叶いました。
ほんとかっこよかった。ダンディーなのに無邪気なところもあって、踊り方も好きだし。
小さいころに木村拓哉さんから目を離せなくなった時の心境に近い感覚で翼くんが好きだなあ。
特に後ろ姿がかっこいい。あれくらい肩から腕にかけてが男らしくがっちりしてる人好きなんだよううう( ;∀;)
 
てなわけでがっつり翼くんに堕ちて2016年が始まりました。
 
びっくりするくらい二宮くんの記憶がなくて、ああ私二宮くんから降りたんだなと改めて実感した年明けでもありました。
 
ほんとカウコンいろいろ楽しかったし幸せでした。
まだ録画したカウコン放送の方は確認できていないのですが少し映りこんでいたみたいなのであまり座席のことなどはここでは触れないでおきます。(さっきだいぶ触れたけど)
 
あのね、バックのふぉゆとTheyとのえひろしめしずはたまに見てました(笑)
特に見てたのはひろしめかなあ。ひろしめと翔太くんは結構見ました。
(翼くんの方が見ていたけどww)
あらんくんがいなかったのは残念ではあったけど、あらんくんがいなかったからこそ、いろんなグループを見られたし、いろんなことに気づけたしよかったかなあと思ってます。
 
最高な初現場でした♡
 
今年もあらんくんの現場中心に沢山の現場に足を運べたらいいなとつくづく思いました。
ジャニーズ現場って楽しい!!!!
 
 
というわけで今年もよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 

ガムシャラサマーステーション

 
終わってから1ヶ月以上が経ってしまいました。記事を書こう書こう思いつつも何を書けばいいのか、何を記録として残しておけばいいのかいまいち分からなくてついに今になってしまいました。
 
顕嵐くんがEXの舞台に立って過ごす初めての夏。顕嵐くんにとっても、顕嵐担としても沢山沢山いろんなことを感じ、変化ができた夏。
 
チーム覇というかけがえのない仲間とともに、担当同士の交流も少し濃くなったりしたりしてジュニアたちも、そして、担当である私たちもともに成長できた夏でした。
 
番組内で事前にチーム分けが発表され、あらんくんがチーム覇だとわかったとき、そして、チームメイトを見た時に感じたのは何も起こらなそうな平和なグループだなということでした。
 
安井くんが最年長で、そこにあらちかとはしみず。しかも年齢差あるし先輩後輩関係も複雑だし、みんなある意味気を遣えるいい子だから夏のEXらしいバチバチした感じにはほど遠いグループだし、みんな打ち解けて仲良くなる未来なんてはっきり言って想像できなかった。
 
そう、何を隠そう、私ははじめてチーム覇を見たときに思ったのは『撮れ高なさそうなチーム』だなということだった。絶対番組内で流れるメイキング的な舞台裏映像少ないぞ、これ…と覚悟した瞬間だった。
 
しかしその私の予想はいい方に裏切られた。実際本番前の密着映像が流れたのはチーム覇が一番多かったように感じた。そしてみんながほんとに仲良くなったし、このチームを心から応援したい、なんとしてでも勝たせてあげたい、このチームでいる様子をもっともっと長期間見たいと思えるようにいつしかなっていた。
だから自分がEXでチーム覇をこんなに懸命に応援するなんて思ってなかったし、結果発表がなにより怖かったし、自担と一緒にこんなに一喜一憂する夏になるとは思っていなかった。
 
久しぶりに学生時代の部活の夏のコンクールの時のような充実した夏だった。
結果、EXでチーム覇は勝ち進めず敗退してしまい、案の情、EXで大泣きすることとなったが今ではそれもいい思い出である。
 
何より自担をこんなに近く感じ、寄り添う形で応援したことなんてなかったから、私としてもあらんくんを見るときの見方、とらえ方が変わったし、あらんくんもチーム覇でもまれることで沢山今まで見られなかった姿を見せてくれたし、ますます成長してくれたし、ほんと私にとってもあらんくんにとってもなくてはならない特別な夏になりました。
 
ほんとサマステ最高でした。
 
俺たちが夏の覇者!!!!だし、チーム覇!!最高!!!!
 
 
 

クリエが終わってから考えたこと。

 
クリエの見たままのこんな感じだったよ、こう見えたよなんていう感想は今までの記事で書いたのですが前回の3月のガムパから今回のクリエにかけてあらんくんのいる現場に何回か足を運んでみて単純に思ったこと、考えたこと、感じたことを自分なりに今記録しておきたいなと思い今回はこの記事を書くことにしました。
 
まずはほんとガムパのときも書いたけどあらん担に降りてよかったってこと。
今までの自担には感じたことのない感情を感じて掛け持ちなんかしていられないほど気持ちが傾いてしまって結局あらんくん一人だけにしぼったわけだけどその決断はたぶんわたし的に正解だったなってつくづく感じる2ヶ月でした。今までこんなに現場に足を運んだことなかったしこんなに日々の成長、改善を目の当たりにしたことはなかった。本人たちがコンサートをよりよくするために毎公演反省して工夫して改善してることがヒシヒシと感じられたし、すごく小さい箱でのコンサートだけれどすごくすごくパワフルな現場だった。そしてその現場にあらんくんがいること、そのステージにあらんくんが立っていることが嬉しくもありとても誇らしかった。そしてそれをこの目で見届けられることが何よりも嬉しくて。今まで私が回数を重ねてきた現場とは違う現場に圧倒されつつもすごく楽しいです。
 
今年は行ける現場にはできる限り足を運ぶことにしています。それは来年からはいつ現場に行けるのかわからない状況だから。だから今年は毎度毎度これが最後これが見納めと思いながら現場に足を運んでいます。そして何よりも今年はかなり幸運に恵まれて少クラ、ガムパ、クリエとかなりあらんくんに会うことが出来ています。
 
今まで掛け持ちであらんくんより力を入れて応援していた人は年に数えるほどしか会えなかったし、全く会えない年なんてのもありました。現場もキャパがかなり大きかったから年に1度会えたとしても豆粒くらいにしか見えなかったりした。
 
そういう現場に長年慣れてきたわたしは、いま、ジュニア現場での本人たちとの近さにまだ慣れないで戸惑っています笑
毎度毎度かなり緊張するし、何より近すぎて固まってしまう。周りの人が近くにきた自担に必死にアピールしてるのを見てすごいなあと思いながら自分は固まっています←
わたしはただ見れたらそれで幸せ、満足というヲタ活をしてきたし、今もその考えは変わっていない。
だからめちゃくちゃ自担が近くにきても笑って手を振ったり、ハイタッチコーナーだったらただ手を出し構えることくらいしかわたしはできない。ファンサというものを自担に求めたことがない。してもらえたらもっと幸せになれるのだろうかと思うこともあるけどわたしは今の幸せで十分満足しているからこれ以上は求めていない。しかし、周りを見ると皆必死にアピールしているからアピールした方がいいのかなとも思ったりしてます笑  自担がいるのにアピールしないって冷めて見えちゃうのかなとか。笑
今後機会があったら挑戦してみようかなと思ったけとたぶん無理な気がするので多分しません。
 
話がだいぶそれましたが、あらんくんを何回も見させていただいて、やっぱり期待しか感じませんでした。これがわたし達のあべあらんだよ!っていろんな人に発信したくなるような。
だからこれからも胸張ってあらん担全うしていこうと思います!!!